« ♪忘れ物は ないですか~♪ | トップページ | トイレ ありますから! »

友との1日!

年に1,2度 横浜から帰って来る女将の中学時代からの無二の親友S

女将 彼女と会うのをいつも とても楽しみにしている!

学生時代から 何処に行くのも いつも一緒!

まるで姉妹のよう!

勉強もお互い 良きライバル!

彼女は理数系 女将は文系

いっしょに習っていたお琴も

彼女はリズムのある器楽曲が得意

それに比べ 女将はムードのあるスローテンポの歌曲等が得意と

対象的な二人!

性格も彼女はおだやかでほんわりとした性格

女将は賑やかで おしゃべり!

そんな二人!お互い いい刺激を受けながら

それぞれを 認め合って 今もとても大切な友!

その彼女と19日金曜日 

三越前で待ち合わせ!

まずは 三越前の珈壇で腹ごしらえ!

Dscf0088

   ☆落ち着いた雰囲気の珈壇の店内

Dscf0130

  ☆二人で食べたコクのある肉団子カレー

お腹もいっぱい おいしいコーヒーも頂き

しばらくあれこれ お互いの近況等 おじゃべりに花を咲かせた後 

平成の大改修が行われた お城に行ってみる事に! 

 (もう何年も登っていない!)

ところが 珈壇を出ようとした時 突然の雨!

「どうする~? 結構 ひどい雨よ~!」「う~ん どうしよう?」

「店の裏のミュージアムにでも 言ってみたら」と珈壇のママから

ミュージアム出来て まだ行ったことないし 

それもいいかって事で 坂の上雲ミュージアム

珈壇から1分!

「船酔い せられんよ!」とママ

「?????」

あ~ 建物の構造の関係で 

館内回っている内 気分悪くなるって 聞いた事あるよね

ま~ 行ってみるか!

入り口は萬翠荘側の北側から

1_2

入り口で ぼっちゃんとマドンナスタイルの二人に迎えられる

Botutyan_madonna

中に入るといろいろな資料が展示!

しかし!

これあくまでも女将の感想ですが

先にリッパすぎる入れ物ありて 入れる物集めに四苦八苦?

少々 お粗末な展示物?  感動なし! 税金の無駄使いかも!

スロープの廊下にも少々船酔い状態!

よかった事 まわりの景色

Bansuisou

  ミュージアムの窓から見える雨の中のなかの萬翠荘

外に出て見ると 雨も小雨!

「これなら お城 行けるね!」

歩いてロープーエイ街へ!

街並みきれいになって ちょっとレトロな感じ!

Ropueigai_isidatami_2

ロープーエイに乗るのも何年ぶりかな~?

結構 観光客多くて いっぱい! 2分余りで到着!

ロープーエイ降りてそこからは 徒歩で登り

この上り坂も随分きれいになって!

Siroyamahenomiti

「昔はこんなきれいな道じゃなかったよね~」と二人

「昔の人はえらいよね~ こんなおおきな石で石垣積んで!」

と りっぱな石垣にも改めて 感心!

Isigakisiro

天守閣のある広場まで上がると

二人の同級生が親の代からやっている観光写真店

そこの従業員のOさんが仕事中?

暇そうだっので。  「今日は~!」 と声掛けると

天守閣バックに二人の写真撮ってくれた! ラッキー!

うまーく修正しといてね」としっかりお願いしといて

まずは天守閣へ

Matuyamajyou

  その途中 み~つけた!

10gatunosakura

毎日お城山にウォーキングで上がっている大将が 桜が咲いとる

と言ってたけど 

「ホント ここに咲いとる!」

「気候が変だから 狂っちゃったんだね」

入場料500円出して 天守閣の中へ!

急な階段!

(Sちゃん大丈夫? むかしの大和撫子も年月とともに随分 蓄えちゃったから!)

いろいろな資料や展示物に目をはこびながら

この歳にして この地に住みながら  いと恥ずかし!

「以前から 不思議に思うっとったんやけど

松山城の領主 加藤嘉明よね~!

やのにいつから松平になって それでなんで 久松さんは殿様の子孫なん」

「どうなのかね~?」

二人とも歴史には弱かったっけ?

ちゃんと展示資料に書いてありました。

<関が原の戦いで手柄を立て 加藤嘉明が20万石の松山城領主に 

その後 なんだったっけ?頼りない女将の記憶!

とにかく なにかがあって嘉明はどこかの領主に!その後

なんとか ただちかとかが領主になったんだけど 急死して

後を 徳川の親戚の松平に継がせた。

明治の時代に吉信側についた松平家は松平の名を取り上げられ

旧姓の久松を名乗らされた>

まあ そんなとこだったっけ?

お勉強になりました!

Daiku_rakugaki

  城の改修の時出てきた 昔の大工が侍を書いた落書きの板

途中の部屋では火事で消失した小天守閣を

昭和41年~43年にかけて再建した時の

ふるいビデオが放映されていて 

その当時の再建の工程や 完成のお祝いにきやりの唄が流れる中

工事関係者などが乗った山車が市役所前などねりあるく 姿が映されていた。

「その頃って 私たち高校生だったよね」

「そういえば  昔は天守閣しかなかったよね。

あ~思い出した。後から周りの城 建設されたんよ!」

などと 記憶をたどり 懐かしむふたり!

Tensyukakukaranofuukei1_2

  天守閣からの眺め (曇ってて 残念!)

帰りに T写真館のOさんから しっかり修正?してもらった

さすが プロの写真をサービスで頂いて

(Oさん有難う御座いました いい記念写真になりました。)

二の丸城降り口の方から 歩いて下山!

こちらの道は

樹木におおわれ 女将の大好きな雰囲気の道だった!

二の丸庭園は見下ろしただけで 時間もないのでパス!

小腹が空いたので また珈壇によって 

おいしいコーヒーとケーキを頂いて とても楽しい 友との1日でした!

楽しかった余韻に浸りながら また合える日を楽しみに友と別れ  女将はねねへ

女将さ~ん時間ですよ~!と心でせかされながら

Dscf0163

   Oさんが撮ってくださった記念写真

  

|
|

« ♪忘れ物は ないですか~♪ | トップページ | トイレ ありますから! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Sちゃん コメント有難う!
私こそとっても楽しかったよ!
翌日 足痛かったって?
日頃の鍛錬がたりんな~(^_-)

ゴルフで足腰きたえといてね!
また あちこちひっぱりまわすよ!
覚悟!覚悟!(^。^)


投稿: ニコニコおかみ | 2007年10月24日 (水) 00時17分

Sでーす。先日は忙しい中 一日付き合ってくれてありがとう。一年ぶりの再会で、話も弾み、松山城散策も楽しかったです。(私は翌日足が張り痛かったです。<石鎚山に登ろう>と言う女将にはなんてこと無いかな?)
女将のパワーを少し分けてもらい充電できたよー。
ーチョコちゃんにお願いー
女将があまり張り切って突っ走らないように見守っててね。
休みも必要だよー!(私は休みすぎだけどね!)

投稿: | 2007年10月23日 (火) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218461/16813906

この記事へのトラックバック一覧です: 友との1日!:

« ♪忘れ物は ないですか~♪ | トップページ | トイレ ありますから! »