« 日曜日の続きをダラダラと綴ります。 | トップページ | 大将 ご苦労様! でもね・・・涙 »

ビビリのビビくんと豆陶芸作家

Img_3934

10月2日 金曜日

今日は朝から 雨rain

時々 ザーッ!と激しく降ったり 少し小雨になったり、

1日中 止みそうにありません。

窓から見える 遠くの景色も雨で煙っています。

.

チョコ様も お外に出られなくて お寂しそうな御様子。

Img_3922

dog お外にでたいでしゅweep

でも 私の美しい アンヨが汚れてちまうちから

今日はお家で 我慢していなさいと女将に言われまちた。 

ア~~   退屈な1日になりそうでしゅ!

それなのに こんな雨なのに

私にお留守番を命じて 女将はバイクで

bicycledashお出かけしてしまいまちた。

フー!think  ちかたがない!

雨音notes子守唄に (振りし切るnotes雨の中でnotes・・・

今日は sleepy notessleepy notessleepynotes

  すごしましゅる~!

そうそうこの間女将が 陶芸教室の近くに とってもかわいいダックスちゃんが

迷って来てるって 話してたけど 飼い主みつかったのかしら?

.

.

. 

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

.

.

女将の通う陶芸教室でのお話。

いつもの様に 9月8日の火曜日 教室に行くと 先生から

「9月始めくらいから ダックスが 横のミカン畑に住みついて

近寄ると すごいスピードで逃げてしまって 警戒心がとても強いみたい。

いつもいる草の所に パンとか置いといてやると

知らない間に食べてはいるんだけど!think

.

近寄ると 逃げてしまうと聞いてソーッと 塀越しにeye覗いて見ると

いました!いました!

綺麗な ゴールドのロングヘアーダックスです。

でも 人が見ているのに気が付くと 

ミカン畑の木々の間を ダッシュで 走りぬけ 

遠くから こちらの様子を伺っています。

.

.

どこから来たのでしょう?

先生も 探してる方がいるのではないかと 市役所に問い合わせたのですが

どなたからも 届出がないとの事。

「保険所から 捕獲にいかせましょか?」と言われたらしいですが

4日間預かった後 飼い主があらわれなければ

処分されると聞き

「いえ 結構です。 こちらで探して見ます。

飼い主さんから 問い合わせがありましたら 

伝えてあげてください。」

.

.

それからは教室のみんなも  気になり

「 先生 ここで飼ったら?」

「そうなんよね~!近所にも 探している人いないか聞いてみたけれど

該当者がいないのよね。

飼い主が現れなければ ここで飼おうかとも思ってもみたり・・・」

でもよほど恐い目に合ったのか?

飼われてた時から他人に対して警戒心が強かったのか?

なかなか 人を寄せ付けません。

.

それから陶芸教室に行く度に 気になり ミカン畑を覗いては

姿がみえると安心したり、

チョコ様のドックフードやおやつを少し拝借して持っていってあげたり

雨がふれば 濡れてないかと心配になり、 夜が冷え込めば 寒くないかしらと

気になる。

もちろん 先生はもっともっと心配で 度々ミカン畑を 覗きにいかれては

落ち着かない!

そのワンちゃんの話しを 我家でも話していましたので

犬好きの娘も 気にしていたようです。

買い物に出かけた時 ホームセンター内のペットショップ売り場に

「探しています。ロングヘアーダックス 4歳」の張り紙を見かけ

帰って来るなり「お母さん いなくなった時期も良くにてるし 

あのワンちゃんかも知れないよ。連絡してあげたら?」

.

早速 先生に連絡。

張り紙に書かれていた 連絡先に問い合わてもらいましたが

人(犬)違いでした。think

.

.

その内先生だけでなく近所の人も 食べ物を置くようになり・・・。

それでも ワンちゃんの警戒心は強く、 

人の姿を見て 猛ダッツシュで逃げることはなくなったものの

シッポをさげ 捕まらない距離からじっとこちらの様子を見ているのです。

.

先生も いつまでもミカン畑ではかわいそうと

近所の人と捕獲しようと みんなで追いかけたのですが

短い足の割りには 逃げ足が速く 捕まえる事ができなかったそうです。 

「あんなに 必死で走ったのは 何年ぶりかしら! 膝が笑って ガクガクしたわ」coldsweats01

.

.

そんなある日先生からメールが

「ダックスフント 無事新しい飼い主の手に・・・・・・・・

詳しい話しは お会いした時に happy01

.

.お教室の日 「ダックスちゃんに会いに行こ!」と

先生といっしょに出かけました。

Img_3878

↑ 逃げ回っていた ダックスフンドのワンちゃんです。

.

教室の直ぐ近くの 初老の御夫婦が捕獲され

きれいにトリミングもし

病院で 予防注射もしてもらっていました。

名前も 「ビビ」と付けてもらっていました。

病院で「7,8歳にはなってるね」と言われたそうです。

男の子でした。

陶芸の先生いわく ビビリのビビ君だそうです!coldsweats01

.

Img_3879 .

.

人が撫でても

怒りはしませんが・・・

.        

Img_3874

  完全には まだ心をゆるしていません。

     怯えた目をして 見つめています。

これから徐々に 新しい飼い主さんの愛情をいっぱい貰って

少しづつ 少しづつ 心が通い合っていくでしょう。

    よかったね sign01ビビくんsign01

     かわいがってもらうんだよsign01

.

.

でも  ちょっと残念!お教室で飼えば 

行くたびに合えたのに・・・!bleah

.

.

.

    ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

.

そして カワイイビビくんよりも 

先生にとってもっと大切な

お孫さんの しょうた君です!

Img_3724

 いつも おばあちゃんのロクロまわす姿

 見てるからでしょうね

 なかなか 様になっています。

未来の陶芸作家の誕生ですsign02

        Img_3722 .

.

.

.

手ほどきをする先生のお顔heart04

 緩みっぱなしです。happy01

.

.

.

.

.

.

.

ねね ホームページ 

  http://www.yakitori-nene.com/

|
|

« 日曜日の続きをダラダラと綴ります。 | トップページ | 大将 ご苦労様! でもね・・・涙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

fullmoon shinobueakiraさん
ビビ君の怯え方は 尋常ではありませんでした。
ペットで飼われてたのですから 餌を貰うと 
もう少し 懐いてくるものなんですがね。think
助けてやりたいと思うみんなの気持ちとは裏腹ににげてばかりでした。
言われるように よほど恐い思いしたのでしょうね。
新しい飼い主さんのところで 幸せな犬生送って欲しいですね。
デブリンチョコをみたら ビビ君またまた
ビビッてしまうかも・・・!coldsweats02

投稿: ニコニコおかみ | 2009年10月 5日 (月) 01時16分

fullmoon Happyばあばさん
店からの帰り 中秋の名月みましたよ。
でも中秋の名月だって 忘れてました。wink
ただきれいなお月さんだな~て 思いながら
バイク飛ばしてましたよ。coldsweats01
ビビ君 優しそうな夫妻に飼われてヨカッタデス。
でもまだまだ完全に心開くには 時間がかかるかもしれません。
とても 目が怯えてるんです。
かわいそうです。think
夫妻の愛情によって 甘えたり嬉しがったりする
ビビ君の姿が見られる事を信じています。

豆陶芸家 生まれた時から目にしてるだけの事は
ありますね。
何年たっても 様にならないおばさん達は恥ずかしい限りです。

投稿: ニコニコおかみ | 2009年10月 5日 (月) 01時06分

fullmoon なすびさん
このワンチャンは 何があったのでしょうね。
こうした種類のワンチャンは 大事にされてる事が
多いはずですが、かなり人間に対して警戒心が強いです。
今だに飼い主が探している情報もありません。
愛するペットは我が子と同じ!
いなくなったら 夜も昼も心配で心配で
堪りませんよね。
ランディ君 抱きしめたなすびさんの気持ち分かりますよ。

投稿: ニコニコおかみ | 2009年10月 5日 (月) 00時50分

ビビリのビビ君はひとまず安心できましたね。
迷い込んできた理由は良くわかりませんが、家庭内暴力?の被害者かもしれませんね。(無責任な身勝手な人間の被害者でしょうか?)
初老の夫婦にとっては子育ても終わり、新しい孫を授かった気分かもしれませんね!お互いに癒されると良いですね。

陶芸教室のショウタ君は、日本陶芸界の石川遼君になるかもね?
手つきが中々様になっていますね!
何事も幼い時から、好きな事になじむと才能は無限に広がるんでしょうね。

チョコちゃんはビビ君の友達、恋人?になれませんか?
二人?一緒の写真が見てみたいものです。

投稿: sinobueakira | 2009年10月 4日 (日) 13時26分

昨日は中秋の名月でしたね。
お忙しいおかみさんは見る暇もなかったかもしれませんね。

このダックスフンドのビビちゃん、ちゃんとした里親さんに飼われることになって良かったですね。
まだまだ気を許していない顔をしているのが
ちょっとかわいそうな気がしますね。
何か辛い事があったのかもしれませんね。
早くこのお宅で幸せなワンちゃんになってほしいです。
それにしてもみなさんお優しいですね。
ホッとされたことでしょう。

豆陶芸科君の未来が楽しみですね・・・
とてもサマになってますねhappy01

投稿: Happyばあば | 2009年10月 4日 (日) 08時58分

犬と生活している身からすると
こう言うお話はつらいですね。。

でも新しいパパ&ママがこれから優しい時間と
愛情を一杯降り注いで下さるでしょうから
この子もきっとホッとした気持ちに戻れるでしょうね!!

この記事を読んで、今ランディを抱きしめてしまいました(^^)

投稿: なすび | 2009年10月 3日 (土) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日の続きをダラダラと綴ります。 | トップページ | 大将 ご苦労様! でもね・・・涙 »