« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

紅葉とオシドリと温泉! 

23日 月曜日

勤労感謝の日 ねねは休み。

昨日の雨と寒さとは打って変わって 朝から青空の広がる良いお天気。

今日は 友人Kと奥道後へ行く予定!

Kは2時頃までは 家業の仕事があるので

 「仕事が終わり次第 何時のバスに乗るか電話するからね。」と。

私も 2日も家を空けるので 朝の内に買い物も済ませ

洗濯や家事も終わらせ、夕飯のおでんも作り 大将のご機嫌を

そこねないようにして出かけなければ・・・。coldsweats01

ただ 昨夜から孫2が熱が高く 新型インフルエンザアではないかと

気になりながらも 大将と娘に 「何かあったら電話してね!」

と 少し後ろめたい気持ちで 出かける。

Img_4944 .

.

.

ちょっとかわいく小首をかしげた

ブリッコのバス停から 奥道後行きに

乗り込む。

市駅から一足先に 乗車していたKが

バスの中から手を振る。

バスの中で合流。

.

「忙しかった?」

「ウン することしとかんと

出ぬくいもんね」

.

.

今日の目的は 紅葉とオシドリ。

先日の新聞に

奥道後から奥にある石手川ダムに

“70~80羽のオシドリが飛来していて

ピーク時には 300羽くらいなり 来年の3月くらいまで

姿を見ることができる”と言う記事が載っていた。

ダムまでは 奥道後からタクシーで。

展望台か堤体から見えると書かれていたが

展望台からは 可也の距離。

タクシーの運転手さんにお願いして 反対側の道まで廻ってもらう。

.

Img_4959_2

ちょうど真ん中辺りに 何羽か居るようです!

Img_4957 Img_4958

いました、いました。しかしあの美しい羽の色までは肉眼では難しい!

双眼鏡が必要です。

Img_4962

こちらにも 何羽かいるようですが

警戒心が強く 岸近くには 寄ってきてくれません。

でも 全部で30羽くらいは 見えたでしょうか。

一応 満足!

またタクシーで もとの奥道後まで

引き返えす。

Img_4963

ちょうど 菊花展も開催中。

「時間があれば 後から見てみようね」

まずは ロープーエーで 山の頂上へ!

Img_4964

山は色とりどりに紅葉していましたが

数年前 感嘆の声をあげたあの年の紅葉程ではないようです。

Img_4969

秋の空はアッと言う間に暮れていきます。

ロープーエイの最終便の乗客は私とKの2人だけでした。

 昨日の「ちゃがまるバス」に続き 今日も貸切!

他のお客様はだ~れもいません。

途中 山影から見えていた 真っ赤な大きな夕日も

数分で隠れてしまいました。

 Img_4975

ロープにとまる 2羽のカラス?の

向こうの空も ぼんやりと赤く染まっています。

頂上には 2人だけ!

そして これから繰り広げられる

最高の景色も 独り占めではなく 2人占めsign03

Img_4988

山々の向こうで 刻々と移り変わる空の色!

あの空の下には瀬戸内海も広がっています。

Img_4992

あたりが暮れゆくと共に 街にはポツポツと灯りがともり始め

空は 真っ赤・・・sign03

Img_4996

あまりの美しさに 二人とも 声もありません。

繰り広げられる グラデーションの世界に

感嘆の溜息!

この壮大なパノラマを コンテジでは写しきれません。

広角レンズでなきゃ 伝わらない。

しばし時間を忘れる2人に

.

.

.

.

「リ~~~ン! 降りる時間ですよ~!」

.

ハット 我に帰り

「え~ もう少し見ていたい~~~~!」

.

.

降りは かなりの急勾配で 眼下に目をやると 

足がすくみ 体がゾクゾクする。

それでも この美しい景色を

少しでも長く 目に焼き付けていたい。

.

.

ロープーエーを降りた後も

「良かった~!すばらしかった~!」興奮さめやらぬ2人。

.

.

菊花展も8時までライトアップされてるのだけれど

これからジャングル風呂に入って

8時の最終バスに乗って帰る予定ですから 

ちょっと時間が足りそうもありません。

入り口からちょっと 覗いて(入館しないのでお金入りませんbleah

雰囲気だけ味わせて頂いて 今回はパス!

.

急いで ジャングル風呂へ!

Img_5004

ジャングル風呂は久し振り

いろいろな熱帯植物の下には 大小さまざまな湯船が9箇所程

2人とも 子供のように すべての湯船に入っては

「気持ちいいね~」「あっちのにも入ってみる?」

そして ジャングル風呂のすぐ横にある露天風呂にも。

露天風呂から 見上げた空に↓

Img_5000

三ケ月と その横には小さな星も見えます。

「心(しずく)と和(なごみ)が見える」とK

   双子のお孫さんの名前ですhappy01

露天風呂で一緒になった 女性は大阪から遍路ツアーで

この奥道後ホテルに宿泊されてるお客様でした。

「こちらは 良い所ですね~! こんなところは大阪にはないですよ。

お湯もツルツルして気持ちいいですね~ 景色もいいし!」

明日には 3箇所のお寺を廻って 大阪へ帰られるそうです。

.

.

.

気持ちの良いお風呂で 心も体もポッカポカ!

二人とも ホッペタが真っ赤!

.

最終のバスで道後まで帰り。

道後で食事。

先日 ブラストの帰りに行った「椿倶楽部」でと思ったのですが

残念ながら 月曜は定休日でした。

で別の近くのお店へ。

お酒も少々頂き 良い気分。

「ほんとうに 良い2日間だったね。

           またこんな機会作ろうね。」

.

.

そして 家路につくと 心配だった孫2はやはり 新型インフルエンザ

でした。

 明日は 仕事のある娘に代わり わたしが行き付けの小児科へ 

            連れて行くことになりました。

.

.

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

PS

24日から孫2のクラスは とうとう学級閉鎖になってしまいましたが

本人はリレンザのお薬が効いたようで 熱も下がり

とても 元気!

今は時間を持て余し退屈な様子。

孫1にも 感染した様子もなく 一安心と言ったところです。confident

| | コメント (10)
|

歌舞伎を見に内子座へ!

22日 日曜日

Img_4914

内子座で公演されてる 松竹大歌舞伎観賞の為

内子町まで アンパンマン列車に乗って 友人Kとお出かけです。

.

「還暦の記念に 歌舞伎を見に行きましょうよ」と約束をし 

公演日を楽しみにしていました。

Kも仕事を持っていますので 二人とも日曜日しかゆっくりと出かけられません。

たまたま今回の歌舞伎は 日曜日の公演でしたので・・・。

.

内子駅に付くと ちょうど駅前に↓こんなかわいいバスが

停まっていました。

Img_4918_2      .

.

.

今日は2人とも

着物で少しおしゃれしての

お出かけです。

.

.

.

.運転手さんにお聞きすると 内子市内を巡り

ちょうど 上演時間頃に内子座へ付くとの事でしたので

早速乗せて頂くことにしました。

お客は私達二人だけ。

貸切状態で とても贅沢な気分。

Img_4956

キップを買うとこんなかわいい木札の乗車券を渡されました。

人気の乗車券で 皆さんにとても喜ばれるそうです。

Img_4919 .

このバスはイギリスより90年前のフォードを買取り

バスとして 運行しているのだそうです。

運転手のおじさんの名ガイドで

昔のままのたたずまいが残る内子の町を観光。

バスの名前は「ちゃがまる号」

この辺りの方言で

「ちゃがまってしもうた」とか「ちゃがまったらいかん」とか

故障の意味だそうで 古い物ですから いつ故障するか分からない事から

付けられた名前だそうです。

.

Img_4922

二人の為に貸切にしていただいた?? ちゃがまるバス

途中故障もせず 無事 ピッタリの時間に到着!

古い建物の内子座が 良い感じですね。

生憎の雨に、とても寒い1日でしたが、

内子座の前の道には テントが幾つも張られ

パンフレットや歌舞伎役者の顔入りのハンカチや手ぬぐいなど

いろいろなグッズが 沢山売られていました。

テントンの中で販売されてる方々も とても寒そうで気の毒なくらいです。

私は パンフレットと大将の為に 1200円sign01も出して

傘の絵柄の手ぬぐいをお土産に買い求めました。coldsweats01

店でこの手ぬぐい 大将の頭に巻かれるかも・・・・sign02

出し物は 『傾城反魂香』

Img_4928_2

川猿之助 脚本、演出で

出演は

市川右近

市川春猿

市川猿弥

市川寿猿

市川段治郎

市川笑也 等々です。

Img_4930

              Img_4923

↑上演中は撮影禁止ですから 上演前の雰囲気を少し!

やはり 着物姿の方も多かったです。

.

内容は市川右近扮する 言葉の不自由な素朴な絵師と

彼を支える気丈な女房。

絵師の苦悩と夫婦愛、 そして絵師に奇跡が起こると言った筋書き。

.

笑いあり涙あり感動あり そして 衣装の豪華さや役者さんの

美しい手の動きや しなやかな動きにもウットリ!

右近さんなどは 汗ビッショリ掻かれて 迫力の演技です。

ちょうど 斜め上壇上の 長唄とお三味線も良く見え

この方たちの感情ゆたかに謳い上げる様子も迫力満点でした。

狭い会場ですが それが返って 役者さん達をすぐ間近に見れ

細かな表情まで 感じられてよかったです。

約3時間ほどがアッという間。

すっかり舞台に引き込まれてしまいました。

.

ただ 建物が古いせいか

暖房設備が整っていないようで(入り口で ホッカイロを売って居ましたね!)

背中からス-スー風が入りとても寒かったのと

先日階段から転んで痛めた右足が 可也辛かったです。

↓こうしたものまで持参してはいたのですが!

  Img_4954

Img_4940Img_4938

公演終了後 二人揃って記念撮影です。

近くにいらした方捕まえて

「美人に撮って下さいね!」

厚かましいお願いをする おばさん2人です。coldsweats01

.

出てみると 外はもう真っ暗。

田舎なので 街の灯が落ちるのも早く

駅までの暗くなった道を歩きましたが、

幼い頃 田舎で上映された映画の帰り道

薄暗い夜道を親に手を引かれながら帰った事を思い出し

公演のすばらしさの余韻と 懐かしい気持とで

暗い夜道も 妙に落ち着く気分で良い感じでした。

そしてまた帰りもアンパンマン列車に乗って 松山へ。

お腹も空いていましたので 松山市内でお食事をし、

明日の約束をして それぞれに帰宅・・・!

本当は 内子で1泊する予定でしたが 連休でどの宿も満室

予約が取れませんでした。

しかたがないので2日目は奥道後で紅葉を楽しむ事にしたのです。

奥道後も またすばらしかったのですが

長くなりますので この続きはまた明日。

| | コメント (2)
|

痛かったり!癒されたり!そして・・・・!

13日 金曜日

Img_4872

気になっていた あれこれの

片付けに大忙しの1日。

1階に置きっ放しにしていた物も

        2階へ移動しなくちゃ・・・・・・・・!sweat01

.

ア~~~~~~~!wobbly

Cocolog_oekaki_2009_11_16_15_34

  ダ ダ ダ ダ ダ~~~~~ン! 

階段踏み外し 

踊場まで 滑り落ちる!

ガッシャ~~~ン!impact

ウ~~~~~~~!

手に持っていた 女将の陶芸作品も階下に落下

  コッパ微塵sign03

.

大きな音にびっくりしたチョコ様

「女将! 何事ですのん?」と 階下から見上げる。

「ウ~! チョコ 痛い~~~~~!sweat02

またまた今年も 転びました。

右半身 オオアザ! コアザ! 唐獅子ボタンの花が咲き乱れました。

一年に1、2回は 必ず花咲かばあさんやコブ取りばあさんになる女将なのでしたweep

最近は つまずいたり 物にぶつかったりが多いな~!

歳なのかな~catface

大将から

「それだけじゃないでしょ! あなたは落ち着きがなさ過ぎるannoy

との有りがたいお言葉を頂戴いたしました。

      グッスンweep

14日 土曜日

Img_4884

友人Kと市民会館へ

 藤井泰和先生の「地歌の会」を聞きに行きました。

古典物ですから 退屈かな?などと思いながらも

「すばらしい先生で 松山ではなかなか聞けない方

の演奏だから 是非聞きに行ってみて!」

お琴のS先生のお奨め通り すばらしい 演奏でした。

お能の舞台のある「小ホール」での演奏でしたが

大きなホールよりも このこじんまりとした広さが 

じっくりと聞かせる古典ものには ピッタリ!

邦楽の世界でも 最近では新曲が演奏される事が多く

こうした古典物、特に地歌ものは敬遠されがち

眠くなったりするものですが

ほんものの演奏は しっとりと引き込まれ 歌の内容も

昔の言葉ですから 理解できない部分も多いですが

それでも歌に詠まれた景色が浮かんでくるようで 

四季折々の自然を愛でる昔の先人たちの

こまやかな風情を 感じ取ることが出来ました。

Kも 「良かった~! 聞きに来て良かった~!」と

感動した様子。

いやな事件や忙しく流れる時間に追われる中で

久し振りにゆったりと こころ安らぐ時間でした。 

15日 日曜日

Img_4887

とてもなかよしだった義理の叔母のお見舞いに

出かけました。

この叔母の事は 辛くてなかなかここに書く気になれなかったのですが・・・!think

この叔母は亡き父の1番下の弟のお嫁さん。

兄弟の多い父の叔父や叔母のなかで

子供の頃から 歳が近いせいで

「アキラ兄ちゃん」と呼んでいた叔父のお嫁さんです。

叔父もすでに亡くなりましたが この叔母はとても気さくな人で

とても面倒みの良い人でした。

いろいろな面で沢山影響を与えてくれた叔母です。 

それが・・・・・・・・!

去年私と九州へ1泊旅行

http://okaminohitorigoto.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-83a3.html

をした直後から体調を崩し

ずっと入院生活なのです。

今では 食事が喉を通らない状態で 以前の面影もなく

痩せ細ってしまっています。

始めてお見舞いに行ったとき 叔母の顔を見た途端

涙がこみ上げ 嗚咽してしまいました。

「 kちゃんが来てくれた! 嬉しい!」

消え入るような声で言ってくれました。

そして 今日 新しい病院にかわってからは 始めてのお見舞いです。

ベッドに横たわる姿は 痛々しい!

「kちゃん 来てくれたん? 」と か細い声!

以前のような 表情豊かな明るい叔母の顔ではありません。

折れそうに細くなった手を擦りながら

「どうして! どうして!こんなになってしもうたん!」と心でさけびながら

こらえようとしても 涙がこみ上げてきます。

「また来るけんね!」

「遠いけん、 もうええよ!」と気遣う叔母

Img_4892

               Img_4890

周りは 見晴らしも良く 自然がいっぱいの

綺麗な病院ですが 今の叔母は歩く事も難しく

窓からの景色さえも 楽しむ事ができないのです。

    辛い!

 

| | コメント (11)
|

早朝勉強と自然食材がいっぱい!

Img_4812 Img_4813

   ↑ は先日10日火曜日の早朝の写真。

(バイクに乗ったままの撮影ですから ブレまくってますcoldsweats01

いつもなら温か~いお布団の中で まだ夢の中sweat01

陶芸仲間のNさんにに声をかけて頂いて早朝の勉強会に出席。

前の日は 遅くまでの営業だったので 睡眠時間 3時間ほど。

.

 毎週火曜日の6時半から1時間 ホテルジャルシティーで

企業のオーナーや店主の方などが 早朝勉強会をされていて、

Nさんもその会の会員さん。

お話の流れで 私も参加することに!

火曜日 かなり気合いれて5時起き!

ただでさえ座れば寝るの得意技の持ち主です。

その上に寝不足ときていますから 心配!

コンビニで眠気の起きないガムなど購入して出かけました。

.

お勉強会は 早朝にもかかわらず 沢山の方が見えられていて

ビックリ!

たまたま座ったお隣の方が なんとお店の常連さんだったり

会の役員さんも お客様だったりでまたまた驚き!

.

この日は地元の若い大学生の方が講師。

題目は「イギリス留学で学んだ事!」

お若いのに 沢山の人の前で 物怖じもせず

しっかりとお話をされ 感心させられる。

こうした若者が 日本の将来担ってくれるのだから 

日本も安泰。

.

この日は 女将の友人2人も誘い 参加させていただいたのですが

次回の参加は ???

さて次の火曜日はどうしよう?????

.皆 早起きに自信がない!

.

その後 家に帰り しばし睡眠の後

陶芸教室の日でしたから お教室へ出かけました。

午後からは とても激しい雨の1日でした。

.

.

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

.

11日 水曜日 

この日は風のひどい1日。

Img_4822

↑ 奥道後から見えてる陶芸仲間のMさんから

昨日 お教室でお裾分けいただいたナメコ。

桜の原木で栽培したものだそうですが

スーパーで見かけるナメコに較べると 随分大きい!

私の指やフオークと較べると 大きさが分かりますね。

Img_4820

またまた 先日も頂いた社長さんから しいたけをいただきました。

そして バイトのヒロミちゃんからは

Img_4826

  ヤマイモ!を

Img_4827

由美ちゃんからは ご自宅の庭で取れた柿を。

少し小粒で見ためは悪いけど

とっても甘くて美味しい柿!

自然の食材を いっぱい みなさんから頂きました。happy01

Img_4836 Img_4846

早速

ナメコと椎茸は昆布だしで 以前ぎょうせん飴のおばちゃんから

買った水飴と酒、 しょう油を加えて炊く。

.

ヤマイモは摩り下ろし(すこぶるネバイ!)

だし汁で伸ばして とろろ丼に。

上のナメコと椎茸をのせ

青ねぎに焼き海苔をちらして頂く。

すご~~~~~く おいしいsign03

.

Img_4817

大根に我家で取れた水菜も加えて大根サラダ!

自然がいっぱいの 新鮮野菜料理です。

翌日はこれに由美ちゃんから頂いた柿を加えて

ナマスにしていただきました。!

.

.

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

.

12日 木曜日

Img_4849

またまた 頂き物。

ねねのお客様 INさんから

樽抜きをした渋柿「ハチヤ」を頂く。

Img_4870

この辺りでは「ハチヤ」と言うのだけれど

地方によって 呼び名がちがうかもしれません。

これもおいしくて おいしくて!

お店でも お客様にもお裾分け!

Img_4862_2

     12日の夕焼と飛行機雲

13日 金曜日には またまたドジを・・・・!coldsweats02

この1週間の後半はまた明日にでも。

眠くなって来ました。

では おやすみなさ~い。sleepy

 

    

| | コメント (6)
|

犯人は複数??

Img_4739

真っ青な空を背景に

ピッ ♪ 

   ピッ ♪

       ピッ ♪

毎日のように この場所で かわいい声で鳴いています。

ここがお気に入りの様子。

.

「オーイ!小鳥さ~~~ん!

おかみの野菜 またまた荒らされてるんだけど 

           犯人を見ませんでしたか?」

ピッ ♪? 

   ピッ ♪?

       ピッ ♪? 

Img_4786    .

.

無残な姿の

     スナックエンドウ!

.

.

犯人は????

.

                       eye

                    downwardleft

       

Img_4794

その足はsign02

. 

 

Img_4797

そ・ そ・ そこには スナックエンドウを・・・・・weep

.

.

.そして もうおひと方!↓

Img_4777    .

.

.

ア~~~~~eye

    その下coldsweats02

そのキャタツの下~~~~crying

.

.

.

.

そ・そ・そ・そこの

    庭師?さ~~~~ん!sweat01

そこには  我家の大切な食料が~~~~~weep

.

.

.

Img_4799_2

dog おかみ!

    何を 泣いているでしゅか?

.

Img_4800

犯人は 君じゃsign03

 dog 女将しゃん 何かの間違えでは?

       身に覚えが ごじゃりませぬ~~!

.

往生際が悪い! チョコ様!

    その ご自慢のお鼻が動かぬ証拠sign03

.

.

そして もう一人 捜査線上には 浮かんでいなかった

         思わぬshadowが・・・!

松の剪定は 庭師まがいの大将には難しく、

庭師の免許を持たれてる

由美ちゃんの旦那さまに 松だけお願いしました。

お勤めの休みの日 朝早くから来て下さって

チョッキン! チョッキン! かろやかな はさみの音!

.

「お休みなのに すみませんね~!

       お茶でも 飲んでくださいhappy01!」

.

   ウン? eye

「す・すみませんsweat02! この下には 大根を植えて・・・・・・!weep

.

先日大将に瀕死の状態にされてた大根も

植え替え やっと元気に育っていたその上に

おおきなビニールシートを ドサッ!

. 

 それでも けなげな 野菜たち

 チョコの鼻堀り攻撃や踏みつけ攻撃にも負けず

 大将の 容赦ない虐待?にも負けず

そして 頭からのドッカン攻撃にも負けず

けなげに育っております。

.

Img_4781 Img_4782

Img_4788 Img_4783

.

間引きもかねて 少しづつ

サラダや味噌汁の具等と

食卓に 新鮮野菜が乗り始めています。

.

Img_4774

女将の苦労もなんのその

のんびりと休憩中のお二人!

             

 

| | コメント (8)
|

ささやかな 良い出来事!

            

   

             只今 瞑想中sign02

Img_4652_2

チョコ様は ここのところの日々を 

いろいろ振りかえっていらっしゃるのか

それとも この体制でsleepyでござりましょうかsign02

.

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ここ1週間 寒暖の差の激しい1週間でした。

温度差も松山では5度、

10度以上温度差の有った地域もあったとか!

夕方アラレの降った日もありました。coldsweats02

Img_4670

ねねも このお天気と同じで御座います。weep

忙しい日と暇な日の差があまりに激しく

最近では お客様の動きがまったく読めませんthink

.

ちまたでは 沢山の男性に睡眠薬などを飲ませてと・・・・・・。

気の重くなる様な恐ろしいニュースが 連日報道されていますが。think

..

notes嬉しいニュースも 飛び込んで来ました。\(^o^)/

アメリカ大リーグのワールドシリーズでは

shineヤンキースが優勝し、なんと松井秀喜選手が 

shineMVPに選ばれたとか!

 

こうしたニュースを聞くと気持ちもウキウキnotes 元気になりますね!happy01

..

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

notes女将の周りでも ささやかですが嬉しい出来事や感心する事

         が幾つかありました。

Img_4767_2 Img_4768

       Img_4770

  ↑ お隣のおばあちゃまから頂いた

手作りの柿の水羊羹です。

お隣に引っ越してこられ、一人住まいされてる息子さんを

時々訪ねて見えられるおばあちゃまからです。

お歳は 定かではありませんが 80歳も後半かなと

お見受けします。

腰も随分曲がり 耳も可也遠いご様子ですが

とてもお元気そうです。

..

ちょうど 娘が仕事から帰って来た時

門扉の前で 沢山の荷物を持ち

門扉が重くて開けられず たたずんでいらっしゃったのを

娘が ほんのちょっと手助けして差し上げたのですが、

それを ありがたく思われたのでしょうか、

ご丁寧に ↑手作りの水羊羹にお手紙まで添えて

お礼にみえられたのです。

こうした おばあちゃまの御丁寧な気持ちは

今の日本女性が忘れかけてる大切な心遣いですね。

頂いた柿の水羊羹は昔懐かしいお袋の味、

ほんのり甘い柿の香りに 癒される思いでした。confident

.

..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 Img_4693

沢山のりっぱな椎茸

お客様からいただきました。

この椎茸を下さったのは

9月に青娥ビルの外壁工事をして下さった

会社の社長さんから頂きました。

先日会社の従業員の皆さんと一緒にねねを使って下さり

その時お土産に持ってきて下さったのです。

とてもみずみずしいおいしい椎茸でした。

.

その数日後 「焼鳥がとてもおいしかったので」と御夫妻で

またねねに来てくださいました。

カウンター越しに話しが弾むうちに

なんと言うご縁でしょう。shine

奥様が 女将の義理の叔母と親戚だったのです。

それからは共通の親戚の話題など

話しが盛り上がる!盛り上がるsign03

思わぬ うれしい出会いでした。

この社長さんは 少年院に入っていた子供さんを引き取り 

仕事の資格を取らせ 家庭も持たせてと

更生への道の手助けをされてるりっぱな社長さんなのだそうです。

この日も なんだか良い出会いにウキウキの嬉しい1日になりました。

.

.

.

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

.

今月の3日の祭日のことですが、

孫1,2が 勇んで道後公園へ出かけていきました。

“みんな集まれ 100人でケイドロ!”に参加する為です。

「『ケイドロ』て何?」と孫達に尋ねるとhttp://ikuji.kaiketu2.com/200/ent383.html

鬼ゴッコのような遊びだそうです。

あるお父さんの呼びかけで4年前から 

小中学生を 道後公園に集め

ケイドロで みんな汗を流し思いっきり遊んだ後

集まった全員で 道後公園のゴミ拾いをするのだそうです。

その呼びかけが今年で4回目!

そして 年々参加者が増え 今年は100人以上集まったそうです。

「来年は200人集めよう!お友達いっぱい誘って参加しよう!」

を合言葉に 解散!

息弾ませ 高揚した様子で 帰ってきた2人!

夕方のローカルニュースでも取上げられ

子供達が公園で楽しそうに走りまわる様子が放送されたそうです。

孫達の走る姿も何度か映っていたそうです。

この呼びかけをされた お父さんはすばらしいですね。

最近の子供達の遊びは ゲーム!

昔のように汗ダクダクになり ドロンコになって遊ぶことが少なくなりました。

おまけに 奉仕活動の心も植付ける!

すばらしい方だと思います。

来年は もっと もっと沢山の子供達が集まると

いいですね。

.

.

  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

.

女将もケイドロ?

女将のプランター農園をあらした犯人を探しているのだそうでしゅ。

「 M 」の文字が犯人の証拠sign03

「分かりまちた チョコが必ず見つけ出してあげまちゅ!

犯人は身近にいるのですね!」

.

Img_4756_2

.

| | コメント (8)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »