« 寅年の訪問者 | トップページ | お楽しみねねお年玉クジも 賑やかに終り そして・・・・! »

トラちゃん 安らかに!

Img_5458

今朝はとても寒い朝でした。

何時もの様にチョコさまの用足しに

裏庭にでると 思わず身がすくんでしまいそうな寒さです。。

柄杓の中の水も 今朝は凍っていました。

Img_5531

チョコさまの為のこの水を

トラちゃんも 飲んでいましたね。think

.

チョコさまが朝の用足しに、家の中から出てくる前に

早くに ロッカーの下から這い出し

毎日裏山の崖の上に避難し 丸くなって寝ていたトラちゃんです。

Img_5466 Img_5489

チョコさまは其の崖の下が 今日も気になるようで

崖の下でクンクン臭いを嗅いでいますが

Img_5464

その崖の上には もうトラちゃんの姿はありません。

.

我家に現れた時から 

あまり元気のなかったトラちゃんでした。

崖の上で 一日じゅう動かず 日が落ち夕方がくると

そろそろ降りてきて ロッカーの下にもぐりこむのです。

.

崖の上で寝ている姿は まるで死んでいるかの様でした。

えさも 最初の日は ガツガツ食べていたのですが

翌日からは ロッカーの前においてやっても 全く口をつけません。

水だけは飲んでいる様子でしたが、

キャットフードの缶詰を買ってきて 与えてみたりもしましたが

これにも 口をつけようともしません。

.

1日、1日弱っていくのが分かりました。

捕まえて病院に連れて行こうかと

娘と相談していたのですが、 弱っていても

警戒心が強く ヨタヨタしながらも逃げて仕舞います。

それに 近づいてみると 異様な臭いがするのです。

其の臭いには 私も娘も覚えが有りました。

昔飼っていた マルチーズのチャオが老衰の為

最後には 腸が裂け肛門からどす黒い血が出だしたのです。

その時の臭いと同じでした。

「もしかしたら 腸が破れてるんじゃないやろか?」

.

もうかなり弱りきってしまった日曜日。

「かなり弱ってるみたい 捕まえて病院に連れて行こう。」

と 娘と決めたものの

人間の病院のように 

救急病院や日曜診療の病院がありません。

11日も運悪く 祭日。

11日も 朝早くに ロッカーの下を這い出したらしく

朝 私が覗きこんだ時には ロッカーの下には

もうその姿はありませんでした。

そして この日は いつもの崖の上にも その姿がなかったのです。

「トラちゃんの姿が見えん! 死に場所探しに行ったんやろか?」

.

ところが

トラちゃんの姿は 私が植えている野菜畑の中にいました。

顔をうずめ もう虫の息になっていました。

崖をよじ登る力も もうトラちゃんには残っていなかったのでしょう。

.

そして夕方には とうとう息耐えてしまったのです。

.

.

亡骸は

娘がバスタオルにくるんであげました。

その時 思っていた通り トラちゃんのお腹には 

大きな穴が開いていたのです。

.

山で ウロウロしている時に野犬か何かに噛まれたのか

あるいはどこかで 転げ落ち お腹を傷つけたのか?

.

恐らく 我家に来た時には 

すでにお腹は傷ついていたのだろうと思います。

.

.

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Img_5530

翌日の朝 裏山に埋めてあげました。

食べる事のなかった缶詰を供え線香も立ててあげました。

「今度生まれて来るときは 優しい人に飼って貰うんだよ

  トラちゃん。」

.

.

Img_5541

チョコには 分かっていたのでしょうか?

始めてトラちゃんが裏庭に現れた時はあれ程

ギャンギャン吠えて 興奮していたのに

トラちゃんが日に日に 弱っていくにつれ

吠えることも殆んどなくなり どこかでトラちゃんを

受け入れている様にさえ見えました。

どこか 寂しげなチョコなのです。 

|
|

« 寅年の訪問者 | トップページ | お楽しみねねお年玉クジも 賑やかに終り そして・・・・! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

snow Happyばあばさんへ
この世に同じに生を受けても その環境で
その後が大きく違ってくるのは
人間社会も 動物の世界も同じですね。

トラちゃんは小さいながらも一生懸命 
生きようとしていたように思います。
Happyさんの玄関先に 捨てられてた猫ちゃんたちは
いい人にめぐり合えて良かったですね。

投稿: ニコニコおかみ | 2010年1月18日 (月) 14時57分

この寒い中トラちゃんは一人で亡くなってしまったんですね。
おかみさんのところを選んで来てくれたのではないでしょうか。
優しい方々に葬ってもらえて良かったと思います。
チョコちゃんも察するところがあるでしょうね。

投稿: Happyばあば | 2010年1月17日 (日) 00時29分

snow 元気ばばさんへ
トラさんの命は あまりにも短かったですね。
短い縁でしたが 家族の一員ような気持ちで 
葬ってやりました。

投稿: ニコニコおかみ | 2010年1月16日 (土) 11時09分

死んでしまったのですか。
やさしく葬ってくれる人がいてよかった。

投稿: ★元気ばば★ | 2010年1月15日 (金) 22時59分

snow 無邪気庵さんへ
トラちゃんのお墓は 裏山のチョコの散歩コースの
側に 埋めてあげました。
散歩の途中で 拝んでであげることも出来ますものね。
ほんの少しの縁でしたが やはり情が移ります。

投稿: ニコニコおかみ | 2010年1月15日 (金) 16時26分

snow 徒然さんへ
トラちゃんは どうも 同じノラ猫の喧嘩に
巻き込まれたのではないかと思われます。
昨夜お店に見えた獣医さんのお話によると
野犬などに襲われると その場で殺されてしまうそうです。
猫の喧嘩で傷つけられたお腹が炎症を起こし
そこが腐って お腹に穴があいてくる事もあるそうです。
きっと 我家に避難してきていたのでしょうね。
少しの間でしたが 看取ってあげる事ができて
良かったかなとも 思います。

投稿: ニコニコおかみ | 2010年1月15日 (金) 16時21分

snow shinobueakiraさんへ
トラちゃんは 短い命でした。
人間も動物も この世に同じに生を受けて生まれても
育つ環境で その幸せは大きく違いますね。
今度生まれてくるときは 大事にしてくれる
飼い主にめぐりあってもらいたいです。
トラちゃんとの縁は わずかな期間でしたが
今も 裏庭に出ると いつも寝ていた崖のところを
見上げてしまいます。


投稿: ニコニコおかみ | 2010年1月15日 (金) 16時13分

気になって・・・・
野良は野良らしく 知らん顔して生き抜いてほしかった。
おかみさんたちには かける言葉がみつかりません。
最後のお水をありがとうございました。 

投稿: 無邪気庵 | 2010年1月14日 (木) 21時03分

動物を飼っている者としては同じ生き物なのに、生まれた環境が違うだけで・・・と辛くなってしまうお話ですよね。
でも、おかみさん 娘さんに最期を看取ってもらえただけでもトラちゃんは幸せだったんだと思います。

チョコちゃんもやっぱりおかみさんの娘だけあって、トラちゃんのことが気になったんでしょうね。
本当に今度産まれる時には幸せになって欲しいと願うばかりです。

投稿: 徒然 | 2010年1月14日 (木) 17時11分

自然界の厳しい現実ですね。
きっとチョコちゃんも始めは「女王の座」を脅かされるのではと心配したのかもしれませんが、傷ついたトラちゃんを助けてやりたかったのかもしれませんね。
お嬢様も優しいい方ですね!おかみさんのDNAを全て受け継いでいるようですね。
今日は博多も久しぶりの雪で寒かったですから、トラちゃんにはかなり厳しかったですね。
同じ動物でも、生まれた環境や、育った環境で夫々の一生がかなり違ってきますね。
チョコちゃんは幸せ者ですね。
トラちゃんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: sinobueakira | 2010年1月14日 (木) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寅年の訪問者 | トップページ | お楽しみねねお年玉クジも 賑やかに終り そして・・・・! »