« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

卒業式に思う事と ベトナムからも・・・・!

007_2

008

                  我が家の「杏」と「こぶし」の花!

あでやかなピンク色が周りを華やかにしてくれています。

今年はいつまでも肌寒い日が続いていますが

春は確実にそこまでやって来ているのでしょうね。

.

24日木曜日は孫のT君の小学校の卒業式でした。

016

Photo

仲良しのお友達と晴れやかな笑顔です。

お兄ちゃんのお下がりではありますが 

T君もスーツ姿でバッチリ決めています。

そして まっ白な卒業証書を頂きました。

.

震災で先生方が準備してくださってた卒業証書が流されてしまったり

土で汚れた卒業証書だったり

体育館が避難場所の為 教室での卒業式だったり

今だ行方のわからないお友達がいたり

被災地の子供達の事を考えると 

こうしてきちんとした卒業式を迎えられることは 本当に幸せなことです。

式の前には 震災にあわれた方々への黙祷が行われたそうですが

お父さん、お母さん、お世話になった先生方、お友達

みんながそろって巣立つ日のお祝いが出来た事に

感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。

.

この日は愛媛大学でも卒業式が行われました。

当店ねねにも工学部の先生、学生さんが2次会に来て下さって

賑やかに卒業の日を お祝いされていました。 

012

               shineみなさん ご卒業おめでとうございま~す!shine

.

東京方面に就職される方もいらっしゃるようですが 原発の問題も心配ですね。

震災にあわれた学生さんの中には 就職先も被災してしまった方もおられるでしょうし

みんなの人生が 大きく狂ってしまった今回の震災!

一日も早い復興を望まずにはいられません。

 

.

.:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今朝の愛媛新聞に

014_2

ベトナムのアンちゃんの日本のお母さん事 

             ISIさんからの投稿が載せられていました。

日本大使館に勤めるアンちゃんからの電話の内容を 投稿した物でした。

その一部を抜粋して 紹介します。

『・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

日本大使館に勤務するアンさんから電話があった。

大使館でも震災のお見舞いの記帳と募金を集めたところ、

毎日 個人の方や企業からの訪問が絶えず、義援金が寄せられている。

◇ある81歳のお年寄りは足を引きずりながらやってこられ、

「ベトナム語しか話せませんから、日本語に訳して被災された方に

お伝えください。私は一人暮らしで、自宅4部屋あり3部屋は空いていますから、

よかったらこちらに来て使ってください。もちろん無料です」と言って

寄付して帰られたそうだ。

他にもこんな心温まる話を沢山聞かせてくれた。

◇・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 海外に日本を応援してくれてる人が大勢いる。

日本にいる私たちは 一人一人が最大限 できることをしていこう。』

.

世界中の人が今回の日本の震災に対して 応援してくれています。

有り難いですね。

被災された方々と同じ日本人である私たちは 自分に何が出来るか

被災された人の身になって一人一人が考え 小さい事からでも行動をおこせば 

それは とてつもなく大きな力になるはずです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

.

それから アンちゃんの結婚式は 今月の30日に行われるそうです。

アンちゃんの花嫁姿shine楽しみupheart04confident

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 ブログ仲間のみなさんへ

このところ みなさんのところへ コメントを残せていません。think

時々お邪魔させていただいて みなさんのブログは読ませて頂いていますが

もう少し落ち着きましたら コメントも残したいと思っています。

お許しください。

まだまだ 寒い日が続いています。

みなさん 体調管理に気を付けて元気にお過ごしください。

| | コメント (8)
|

美しい音色に 包まれた1日!

久しぶりの更新になってしまいました。

孫と1台のパソコンを巡っての争奪戦は ほぼ全敗の日々であります!think

.

その間に 東北関東大震災と言う大変な災害が起こってしまいました。

震災から今日で 早10日目!

避難されてる方々のところには援助物資が少しづつ

届けられては居るようですが 

あまりに広い被災地の為 避難地域によっても 可也の格差が生じてているようです。

孤立している避難場所には へりでの搬送はできないものなんでしょうかね。

ボランティアの人たちも沢山志願してくれてるのに

上手く機能していないと 言っていましたがなんだか歯がゆい思いです。

テレビに映る子供達の笑顔や 「必ず復興させます!」と

気丈に話されるお年寄りを見ると 「なんてみなさん強いだろう!」

復興への道は 平坦ではないでしょうが 日本中が いや世界の人々が応援して

くれていますし この日本人の粘りと根気強さがあれば 

きっと復興への道は開けるでしょうね。 

私も ほんのささやかですが 先日「日本赤十字社」に 義援金を振り込みました。

私に出来ることはこのくらいしかありませんから・・・・!

この松山にも 何組かの被災者の方々が疎開されて来られ

県営住宅などに入居されたようですが 箱物は揃っても

着の身、着のままで来られてるので 生活必需品が何もないのだそうです。

こうした支援も必要ですね。

援助の手も一過性でなく 永く手を差し伸べてあげる必要があるでしょう。

.

.

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

こんな時になんですが  通っているカルチャーセンターで

今日 篠笛の発表会がありました。

ブログ仲間のshinobueさんから頂いた篠笛が御縁で習い始め

この4月でそろそろ1年が来ようとしています。

思いのほか難しく 音がまともに出るまで 四苦八苦の日々!

吹くたびに酸欠状態になりながら なんとか頑張って続けています。

私は昼の部の方で習っていますが 今日は夜の部の生徒さんたちとも

御一緒でした。

夜の部には親友のKも習っているのですが 先日から体調を崩し

今回は参加出来ませんでした。 残念!

 .

.

Photo_2

← 昼の部のメンバーでの合奏です。

「朧月夜」「ほたるこい」「ゴンドラのうた」

「ほたるこい」の3重奏では

私はワンフレーズ独奏の後

3部の1オクターブ高い音を担当

高い音が出なかったらたらどうしようとドキドキ!

.

014

                     夜の部のみなさん!→

                「さくら」「荒城の月」「この街で」

                           昼の部よりも

                      みなさんとても上手!

                  平均年齢も少し若いかなcoldsweats01 

  その後「昼の部」「夜の部」合同で 「安里屋ユンタ」これには三線の嶋本先生も

入っていただいて「サー きみはのなかのいばらのはなーか サーユイnoteユイnote

軽快に!

「野球拳踊り」では 私は踊りを担当!coldsweats01

そして 最後にみんなで「ふるさと」を吹いて締めくくりました!

先生からは 「みなさん 練習よりも上手く吹けてたよ」と言っていただきましたが さて?

その後三線や朗読の発表を聞き

2時から椿神社の近くにある「cafe poco a poco」さんへ。

オーナー夫妻の箏と三味線、琵琶のコンサートに

私たちの師 「竹内直子先生」が篠笛で友情出演されるのです。

「poco a poko」さんとお知り合いの「伽檀」のママとMさんと合流して 

急いで「poco a poko」さんへ。

先日行った「椿や」からもすぐ近くの所でした。

018

「poco a poco」のGさんご夫妻の尺八と琵琶の演奏

017

                オーナーGさんと竹内直子先生の演奏

オーナーのGさんと竹内先生は大学の先輩後輩

サークルで邦楽を一緒に学ばれてたそうです。

今はカフェを経営の傍ら53年に結成された「邦楽合奏団 翔」でご夫妻で東京で活動。

竹内先生は「笛音の会」を主催され また我々の指導にもあたっておられるのです。

全9曲 いろいろなジャンルの曲を聞かせていただき

素晴らしい音色に酔いしれた2時間余りでした。

また オーナーこだわりの手作り「バナナケーキ」は 絶品でした。

とても狭いカフェの中 43名のお客さんが 身動きできないほどにビッシリ!

でも とてもアットホームな雰囲気で 見えられてるお客様も皆さん

温かい感じの方々ばかり。

これもオーナーのお人柄に集まった人の輪なんでしょうね。

久しぶりに美しい音色に包まれた音楽いっぱいの 充実した1日でした。

             

| | コメント (6)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »