« 10月のあれこれ♪ | トップページ | 今年も宜しくお願いいたします! »

嬉しい出来事が続いた後で・・・・・・!

10月30日火曜日

名古屋のブログ仲間元気ばばさんのご主人さま(同居人さん)と

そのお仲間が四国旅行の途中で ねねに来てくださいました。

本当は 旅行を昨年に計画されていたのですが お仲間の一人が

病気になられ 延期されていたものです。

残念ながら そのお友達は亡くなられたのだそうです。

.(*^-^)

元気ばばさんから頂いたメールには

『4人は学校を出てから最初に努めた職場の仲間

入社時期が同居人がトップ その後2年3年目に入ってきた新入社員

その時以来 仕事抜きでお付き合いをしています
.
あと一人 プラスで 5人でした。』

そして『呑み助ばかりです』とも!

でもみなさん とても感じの良い紳士!

気持ちの良い 楽しい呑み助さん達ばかりでしたsign03

この日はねねもスッゴク!スッゴク静か!(u_u。)

なんと暇な店?なんて思われなかったかな~think

013

宿泊先はねねに隣接しているワシントンホテルにされていましたので

どんなに千鳥足になっても大丈夫!ホテルまでは 数歩!o(*^▽^*)o

私も大将も一緒に 記念写真!

 みなさん 楽しいお酒を飲まれる すてきな初老の紳士でした!

note

Photo

元気ばばさんが同居人さんに託していただいた私へのお土産は 

ねねの屋号、キャッチフレーズ、 電話番号まで刺繍してくださった壁掛け!

フックまで同封してくださっていました。(さすが~~~!) 

さっそくねねで使わせていただいています!

元気ばばさん有り難う御座いました。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

11月1日 木曜日。001

     .

が割烹料理屋に へんし~~~ん!

   ではなくて 

  めで鯛!めで鯛 日なのでした。

知り合いの寿司屋さんにお願いして 鯛でお祝いさせて頂きました。。

002

そう おせっかい女将が引き合わせた若い二人の

両家のご対面の日でした。

ご両親も意気投合 とってもなごやかで良い雰囲気notes

来年早々には 結婚式を・・・・なんて話も出て(*^-^)

note

女将 「大将 仲人せないかんかもよ?」 

大将 「やめてくれ! 人前での 話は苦手」

大将 「喋りだしたら止まらない あなたに任そうわい!」

女将 「そんなことしたら 私が 大将を尻に敷いてると思われる!」

heart

この日は幸せそうな若い二人とご両親の笑顔に包まれた

HAPPYねねでしたheart04

.

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

.

ただその日の大将と私。

幸せな気持ちと隣りあわせに 気がかりな思いの中で

仕事をしていました。

一日前に大将のお兄さんから電話 

「お袋の意識がなくなって 予断を許さない状況にある!」と

.

2日金曜日の夜 ちょうど店も一段落しかけた10時半過ぎ

兄さんからの電話 「先ほど 静かに息を引き取った・・・・」

.

3日の土曜日まで ねねは予約でいっぱい!

直ぐに駆けつける事は 叶いません!

.

店を終え 真っ暗な道をタクシーで走り

母の元に駆けつけた時はもう深夜!

冷たくなった母は 安らかでとても崇高な美しい顔で眠っていました。

.

004

その晩は母の横で 床につきました。

いろいろな思い出が頭を駆け巡り 疲れているにも拘らず 

ほとんど眠ることは出来ませんでした。

大将の思いは もっともっと・・・・・・!

朝6時過ぎ 葬儀会館の外に出てみると  周りは朝霧に包まれていました。

大将も 眠れなかったのでしょう。

私より先に この朝霧の中でタバコをふかし 遠くを見つめていました。

「さよなら 有り難う!」と言いながら霧の中に母が去ってゆくような

そんな感覚でした。

.

4日 日曜日 葬儀

今月の5日で91歳の誕生日を迎えるはずだった母でした。

20年前に亡くなった父も11月6日が命日。

先日娘達と 母の元を訪れた時 母の寝顔を見ながら

「畑ばあちゃんは 爺ちゃんの夢みてるんじゃないのかな~?」

「爺ちゃんが お前もよう頑張った! もうそろそろわしの側に来ても良いぞ!」

夢の中で そんな会話してるんじゃないのかな~と思ったのですが

もしかしたら 爺ちゃんがお迎えに来ていたのかもしれません。

.

008_2

母の愛した 畑の川の家。

すっかり紅葉した欅が母の旅立ちに色を添えてくれているようです。

いつか母のホームに慰問に行って

歌ってあげようと思っていた願いはかないませんでした。

12月に慰問の予定があり 先日その時に歌う楽譜を頂きました。

その中に「いのちの歌」があります。

『ささやかすぎる 日々の中に 掛け替えのない喜びがある』

まさに母の行き方そのもの!

日々畑を耕し 子や孫の元においしい野菜を送り 盆暮れには訪れた者に

「ばあちゃんの野菜は 無農薬であまくておいしいよ!」

ささやかな喜び!

自分を着飾るでもなし 人様を羨んだり憎んだりするでもなし

日々黙々と働き続けた母。

『巡り会えた奇跡は どんな宝石よりも大切な宝物』

あなたに会えた事 たとえ義理でも あなたの娘になれた事 本当に幸せでした。

あなたの生き方は私のお手本!

あなたのように真っ直ぐににひたむきに生きていきたい!

014

「有り難う! また来てね!」

ホームを訪ねると 2年前くらいまでは いつもこうして玄関まで

必ずお見送りをしてくれていた 畑ばあちゃんでした。

.

『いつかは だれでもこの星にさよならをする時がくるけど 

        命はつがれてゆく!

生まれて来た事 育ててもらえたこと笑ったこと

      そのすべてに有り難う! この命に有り難う!』

|
|

« 10月のあれこれ♪ | トップページ | 今年も宜しくお願いいたします! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

bell sarahママさんへ
温かい励ましの言葉 有り難う御座います。
すてきな義母と縁することができたこと とても幸せな事でした。
元気だった義母も 晩年はホームで過ごしていましたが
なかなか会いに行って上げれなかった事が悔やまれます。

その場所に行けば会える それが心の支えになっていたように思います。
今は訪れても あの笑顔に会えないと思うと 寂しさが込み上げてきます。

ただ日々の忙しさが 寂しさを 紛らわせてくれています。

一速飛びに冬本番の気配です。
sarahママさん初めご家族の皆様 風邪など引かれませんように!
ご自愛下さいね。

では また近々ご連絡します。

投稿: ニコニコおかみ | 2012年11月19日 (月) 15時04分

少し前のご様子では、気持ち良さそうにお休みになられている
お義母様とのほのぼのしたやりとりに、心温まる思いがしました。

あまりに突然のお別れで、お二人ともさぞかし気落ちしておられることでしょう。
心からお悔やみ申し上げます。

女将さんとお義母様、本当の母娘のような絆で結ばれていたのですね。
お義母様もきっと、幸せをいつもいつも感じておられたことと思います。

とても素晴らしい素敵なお義母様…
その生き方を「お手本です!」とおっしゃる女将さんも
やっぱりお義母様にとって、自慢のかわいい素敵なお嫁さんだった思います。

忙しい時も、心配事がある時も、どんな時も
明るく元気に振舞われ、周りに光や笑顔を作り出す女将さん。
ブログを通じていつも励まされています。

どうぞ、お力落としされませんように…
心からお祈り申し上げます。

投稿: sarahママ | 2012年11月16日 (金) 16時09分

bell shinobueakiraさんへ

元気ばばさんの同居人さんは 品のある穏やかな方でした。
あの聡明な元気ばばさんにふさわしいご主人さまでしたよ!

shinobueさんがこちらに見えられた頃は 
調子の良い日と悪い日とがあって体調が安定しない時期でした。
元気であれば是非会っていただきたかったです。
きっとあの笑顔でニコニコしながら喜んだと事と思います。

「風のふるさと」母のもとにも 届いていたような気がします。
あの日もさわやかな風が 母の家の中を吹き抜けていきましたよね。


投稿: ニコニコおかみ | 2012年11月13日 (火) 09時02分

bell 元気ばばさんへ

いつも 記事を書くのが遅なってしまいます。
きっと同居人さんも 気にされてるだろうなと思いつつ・・・!
また旅の計画に 元気ばばさん,同居人さんご一緒の
四国旅 是非計画してみて下さいね。

<うれしい出会いがあれば 悲しい別れもあり>
子供達の手を煩わせてはいけない 迷惑になってはいけないと
いつも気丈に生きていた義母でした。
義母の生き方は残された私たちの道標かもしれません。

投稿: ニコニコおかみ | 2012年11月13日 (火) 08時51分

前半の元気ばばさんの同居人さんとその仲間達との出会いは素敵な感動があったようですね。
元気ばばさんも粋な贈り物を同居人さんに持たせてくれましたね。
ブログを通じて新しいご縁が広がりましたね。

優しいお母様とのお別れは辛いですね、ご冥福をお祈りいたします。
8月にお伺いした時に、お母様の具合が良くないような感じだと受け取りましたが、一目お会いしたかったですね。
8月に見たあの大きな虹はお母様が天国に行く準備をしていたのでしょうか・・・・
欅の色も鮮やかな緑から今は紅葉が綺麗に彩りを添えてくれているようですね。

今日、素人集団の音楽発表会があり、『津軽山唄』と『風のふるさと』2曲を演奏してきました。
『津軽山唄』は10月に秋田・青森の旅の思い出、そして『風のふるさと』は松山の久万高原に吹き抜ける
爽やかな風を思い出しながら演奏しました。

女将さんも大将も辛いでしょうが91歳まで生きたお母様の大往生に感謝して、見送ってあげてくださいね!

投稿: shinobueakira | 2012年11月12日 (月) 01時34分

うれしい出会いがあれば 悲しい別れもあり。
お母様 素敵な方だったのですね。
お忙しい中 ブログの更新 ありがとうございます。
同居人も楽しみにしておりました。
「旅は心のビタミン剤」 
とっても楽しかったようです。
お義母様の別れの悲しさを忘れることはできないと思いますが
無理はなさずお過ごしくださいますように・・・

投稿: ★元気ばば★ | 2012年11月11日 (日) 09時07分

bell tearoseさんへ
お悔やみのお言葉有り難う御座います。

義母は妻として 母として
人間として誠実でひたむきで 心のとても美しい人でした。
一生懸命いきてきたと思います。
人としての生き方を 教えてくれたように思います。
少しでも 近づきたいと思いますが 母はあまりにも大き過ぎます!

父の時も 仕事を終え三坂峠を 真夜中に車走らせて行きました。
父の時も母の時も 大将は死に目に立ち会う事ができませんでした。
商売をしていると しかたのない事ですが
かわいそうな思いです。

夫婦そろって11月に旅立ちました。
きっと 生前のように穏やかに二人で寄り添っていると思います。

投稿: ニコニコおかみ | 2012年11月10日 (土) 09時12分

bell Happyばあばさんへ
私と大将とはお見合いでした。
気持ちを決めかねていた時 この義母の人柄が
私の気持ちを固めさせてくれました。
「大将よりも お母さんに惚れたんよ!」と!
大好きな母でした。
言われるように この義母との縁は私にとっても
幸せな事でした。

義母は 兄に看取られて眠るように
静かに息を引き取ったそうです。
苦しむ事なく 安らかに天国へ旅立ったのだと思うと
義母らしい最後で よかったな~と思っています。

投稿: ニコニコおかみ | 2012年11月10日 (土) 08時52分

お義母さまのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

>自分を着飾るでもなし 人様を羨んだり憎んだりするでもなし
 日々黙々と働き続けた母。

素晴らしいお義母さまだったのですね
お嫁さんにこんなに慕われるなんてお幸せでしたね
二十年目とはいえ命日がご夫婦で重なるなんて偶然とは思えません。
きっと仲の良いご夫婦だったのでしょうね
天国での再開が目に浮かぶようです。

でも遺されたご家族の悲しみが癒えるにはまだまだ時間がかかることでしょう
どうぞご自愛下さいませ

投稿: tearose | 2012年11月 9日 (金) 21時54分

おかみさん、とっても寂しいお別れでしたね。
心よりご冥福をお祈りいたします。
こんなにお嫁さんに好かれるおばあちゃまは本当にいいお方だったのでしょうね。
そしてお嫁さんであるおかみさんにとっても、とても幸せなこと。
先日訪問された時、気持ち良さそうにうたた寝されててまだまだお元気でいいな~と感じていたのですが、
この急な変化に皆さんの悲しみも寂しさも大きいものだったことと思います。
お力落されませんようくれぐれもお大事になさってくださいね。

投稿: Happyばあば | 2012年11月 9日 (金) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月のあれこれ♪ | トップページ | 今年も宜しくお願いいたします! »